ベッド柵 移動用バー 移乗用リフトについて

ベッド柵 移動用バー 移乗用リフトについて

特殊寝台の付属品としては、まずベッド柵があります。ベッド柵は寝返りや起き上がりの補助として使用されるもので、差し込み式でも着脱しやすいように緩めにセットされるようにつくられています。ただし柵をつけることで、ベッドから降りる際にかえって邪魔になる場合もありますし、ベッドの横に腰掛けることが多いなら柵を取り外しておいたほうが良いかもしれません。 ただし、寝返りをうって床に転落して肋骨を傷めるといったこともありますので、その時に応じて着脱しやすい柵を選んでおきたいものです。 また柵ではありませんが、移動用バーという付属品があり、ベッドの側面に取付けて、ベッドから起き上がるときや立ち上がるときに身体を支えるための手すりとして使用されます。またベッドの横端に腰掛けてから、移動用バーを支えにして立ち上がったり、車椅子などの用具に移動するときにも使えます。多くのものはベッドの高さにあわせて、高さ調節ができるようになっています。ふとん落下の防止にもある程度なりますので、ベッド柵を使うより便利な場合もあるでしょう。 なお特殊寝台の付属品ではありませんが、介護保険のレンタルが適用になるものに移乗用リフトがあります。移乗用リフトは、車いすなどからベッドへ自力で乗り移りが出来ない場合に使用される福祉用具のひとつで、吊具で人を吊り上げて移動させる機械です。 移乗用リフトには床走行型リフト、据置型リフト、機器用設置型リフトがあります。 床走行型リフトは、利用者を吊り上げた状態で降ろしたい場所までリフトが床を移動させるタイプで、リフトの足にはキャスターが付いています。大きな機械が移動しますから、宅内をリフトが使用できるようにリフォームする必要もでてくるでしょう。 据置型は、ベッドの上に門型のアームを設置して、リフト本体は上のレールに添って移動するタイプのリフトです。床走行型とは違い、床面積をとらずに設置できますし、門型アームのレールにリフトが掛かりますから、天井にレールを固定するリフトのように天井補強などの住宅改修の必要がありません。 機器用設置型はベッドにリフトが固定されているもので、ベッドもリフトを固定できる専用のもので揃える必要があります。床走行型ほどではありませんが、ベッドの設置スペースに余裕がなければ住宅改修の必要がでてきます。