車いす 車いす付属品の種類について

車いす 車いす付属品の種類について

福祉用具でレンタルできるものとして、車いす、そしてその付属品があります。 車いすは、その利用が必要な方にとっては重要な足となりますので、ただ乗れれば良いということではなく、身体に合った介護者にとって使いやすいものでなければなりません。移動がラクになるということは、生活の質にも関わることですから、望ましい生活を実現するための道具として慎重に選びたいものです。 車いすを選択する場合は、ケアマネジャーなどから薦められるものもあると思いますが、使う方が実際にのって選ばなくてはいけません。介護を受ける方にも、どれでも良いといったことではなく、座りやすくサイズの合ったものを選択するように助言してあげましょう。 車いすは大きく分けると、車いすに乗る方が手回しで自走する自走式と、介助者の操作で動く車輪の小さな介助式があります。 自走式には、麻痺が片側にある方が使いやすいように設計された片手駆動の車いすや、床面から車いすに乗ることができる座面昇降式の車いすなどがあります。 介助式は介助する方の使いやすさも、選択の際のポイントになりますので、実際に人をのせて扱いやすさを比較してみましょう。高齢の方が介助する側となる場合は、電動アシスト機能のついた車いすもありますので、ぜひ一度操作してみましょう。 車いすの主な付属品は、座面に敷くクッションです。車いすに乗り続けると臀部に体圧が集中しますのでクッションは必需品となります。また車いすのクッションは車いすと姿勢の関係にも大きく影響するものです。 クッションには幾つか種類がありますので、それぞれの特性の違いを理解して決めていくと良いでしょう。比較的多く選択されるエアクッションは、クッションの空気圧を自由に変えることできるので、長時間の着座でも疲れにくい圧に調整できます。ただしその分、その調節が面倒でもあります。選択にあたっては、形状によって通気性を確保しているものを選ぶようにしてください。 エアクッションとは違い、長時間使用すると除圧効果が低下しますが、ウレタンフォームクッションも悪くありません。欠点ともいえる汗などの水分を吸着しやすいという特性は、蒸れにくいという利点にもなります、クッションカバーに吸湿速乾性の素材を使用したものを選択すると通気性も良くなります。またお尻の形状に合わせて加工できるものもあります。エアクッションの調節が面倒な方にはいちばんおすすめできるクッションの種類です。 ほかにも除圧効果が長持ちするジェルクッションやムートン製のクッションなどもあります。ジェルクッションも悪くありませんが、通気性と耐久性に注意して選ぶ必要があります。ムートンは長時間の使用でクッション効果が落ちてきますので、その点に注意して選んでみてください。