福祉用具プランナーは福祉用具の選定に役立つ存在となるか?

福祉用具プランナーは福祉用具の選定に役立つ存在となるか?

介護支援専門員(ケアマネジャー)は福祉用具の選定にとどまらず、総合的に介護計画をプランニングして、定期的に見直しも実施していくわけですが、福祉用具の選定、使用のアドバイスといった、福祉用具に特化したサポートを行なう職域もあります。それが福祉用具プランナーです。 福祉用具プランナーは、福祉用具を必要とする高齢者や障害者に対し、必要な福祉用具の選択を援助し、適切な使用計画を策定、利用の支援、及び適用状況をモニター・評価まで行うことのできる専門家が必要であるとの考えから、テクノエイド協会(厚生労働省所管の財団法人で義肢装具士国家試験を行なっている)が提唱して誕生した職域です。 また福祉用具の選定相談、利用指導などの業務に現在従事している方が、福祉用具に関する知識・技術をより高めてもらうために、研修を実施し、福祉用具の専門家として活動してもらうことを目的としています。なお福祉用具プランナーは民間資格となります。 在宅や施設などの介護現場で発生する福祉用具を使用しての事故や、いわゆる「ヒヤリ・ハット」については、かならずしも福祉用具自体に起因するものだけではなく、誤使用や福祉用具の身体的不適合から生じる事故なども少なくありません。また急増している老老介護によって、発生した事故の原因の究明やより具体的の状況の開示が、事故防止には欠かせないものと言われてきました。 福祉用具プランナーの仕事は、こうしたあまり表面化されていない福祉用具使用上の問題点を究明し、事故のない用具使用の指導・サポートといった役務も含んでいます。いわば福祉用具プランナーは、総合的に介護をサポートするケアマネジャーではすべてカバーしきれない、福祉用具に関連するサポートを担うために誕生した新たな仕事だといえるわけです。 ただし介護サービスを受ける方が、福祉用具プランナーに用具選定のアドバイスを受けようとしても、ケアマネジャーを利用するような感覚で依頼することはいまのところ難しいと言えます(ケアマネジャーが福祉用具プランナーの有資格者である場合もありますが)。 というのも、福祉用具プランナーはスキルアップ的な民間資格であって、この資格を取得してもケアマネジャーのように介護支援事業所や福祉施設などに所属するということはほとんどないからです。 多くの場合、福祉用具プランナーの資格は、福祉用具の貸与・販売をしている事業所に勤務している方が取得していたりしていますから、ケアマネジャーを通じて紹介された事業所に優秀なプランナーがいるような場合に、使用指導などのアドバイスを受けることはできるでしょうが、まだまだ福祉用具プランナーが主体的に活躍出来る状況にはありません。 取得するのは意外に大変な資格なのですが、福祉用具プランナーの活躍の場がきわめて限定的であることは残念なことです。 なお福祉用具プランナーになるには、テクノエイド協会が主催する所定の研修を受講しなければなりませんが、この研修を受講できるのは、 1)厚生労働大臣が指定した講習会の課程を修了者、もしくは都道府県知事がこれと同程度以上の講習を受けた認める者。 2)指定福祉用具貸与又は販売に当たる専門相談員として、その業務に従事している者で、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、義肢装具士の資格を有する者。 また、福祉用具関連業務に2年以上従事している介護支援専門員、建築士、または研修受講がとくに認められる者となります。 研修講習にはeラーニングによる講習があり、講習終了後には修了試験を受けなければなりません。