福祉用具を導入する際に注意したいこと

福祉用具を導入する際に注意したいこと

福祉用具を導入する場合に幾つか注意するべきことがあります。それは使いたい福祉用具の設置スペースがあるかという点です。福祉用具の選定はケアマネジャーがついて進められるので、選択ミスはないだろうと考えて良いでしょうが、ケアマネジャーのバックグラウンドに建築的な素養がない場合、しかも現場経験が少ない場合は選択ミスがおこる場合もあります。 この場合は、申請することで交換してもらえるわけですが、全く使えないという場合でなければ、我慢して使用するようなこともあるでしょう。 ただ介護保険料を支払って、専門員の指導のもとで選択したものですから、間違いがある場合は我慢をしないで交換や再検討を申し立てるようにしましょう。 また必要に応じて住宅の改修工事を検討してみることも選択肢のひとつです。介護を目的としたバリアフリー工事は年度によって補助金が申請できる場合もありますし、比較的低利のリフォームローンも金融機関で用意しています。自宅での介助は長く続きますので、もとの間取りに無理がある場合は手を加えて快適な状況をつくることも検討してみましょう。 ただし介護関連の住宅改修に強く、丁寧な工事をする建築業者に依頼できるよう、慎重に業者選定しなければなりません。納得できる決断ができなければ、無理に工事を急ぐ必要はありません。 またここであげた福祉用具以外にも介護保険の対象となる用具はありますので、不明な場合は、ケアマネジャーに確認するか、市町村の福祉関連の窓口に連絡するとすぐに分かります。 たとえば玄関ポーチなどの段差がある箇所に設置する既製のスロープなども介護保険の対象となりますし、玄関やトイレの手すりなども保険の対象となります。