入浴補助用具と浴室に手すりについて

入浴補助用具と浴室に手すりについて

入浴補助用具はレンタルの対象にもなりますし、要支援1・2の方は購入において保険が効きます。 入浴補助用具にはシャワーベンチ、バスボード、浴槽台のほかに“すのこ”なども含まれます。 シャワーベンチは、背もたれのあるもの、ないものがあり、浴室のどこにシャワーベンチを設置するかでどちらかを選択することになります。また座面の左右両端に手を掛けられるように切り込みが入っているもの、小さな手すりがついているものもあります。 なお座ったまま陰部などが洗いやすいように、座面の前がU字型にカットされてあるベンチもありますので、各自の状況に応じて選択してください。 バスボードは、浴槽への入出を補助するために風呂蓋のように浴槽に渡しかけてセットするもので、もちろん風呂蓋よりも強度のあるつくりになっています。おなじように浴槽台は浴槽に入るとき、出るときの踏み台となる補助用具です。 すのこは浴室と脱衣室に段差がある場合にその段差をなくすために洗い場に敷きます。最近のユニットバスでは、こうした段差ははじめから解消されています。また浴槽の立ち上がりも低く、お風呂の深さも浅めですから、ある程度自立的に動くことができる方だと浴槽台やバスボードも使わないですむかもしれません。 なお、浴室でいちばん心配なのは不意に転倒することです。特に介助者がいない家庭でも新築の浴室の壁には最低1ヶ所の手すりが設置されますので、介助者がいる場合は必要に応じて手すりを複数設置しなければならないでしょう。 手すりの種類はI型のものL型のもの、またいろんな角度から掴むことができる四角い手すりなどもあります。手すりは既製品ですから太さも直径3センチ前後と標準的なもので統一されています。設置場所と手すりの形状は、建築会社の建築士やケアマネジャーと細かく打ち合わせをして決めるようにしてください。